Extension Translator

Provider:
MultiRacio Ltd.
Maintainer:
MultiRacio
Rating:
2
Average: 2 (1 vote)
Application:
OpenOffice.org
Tags:
Extension Development, , translation, , eurooffice, , extension, , localization,
Source code:
https://code.launchpad.net/~darabos-daniel/eoec/extension-translator
Post date:
Thursday, 29 January, 2009 - 12:21
Statistics
Week: 16 - Month: 57 - Year: 661 - Timeline
Download extension
System Independent version - All releases
Compatible with OpenOffice 4: Unknown
User feedback:
Compatible with OpenOffice 4.x?

Extension Translator is a localization tool for OpenOffice.org extensions.

The workflow of localization with Extension Translator is the following:

  1. Install Extension Translator and the extension you want to translate. After installing Extension Translator OpenOffice.org needs to be restarted. Extension Translator supports all extensions that store their localization data in DialogStrings_*.properties files.
  2. Open the Extension Translator dialog from the Tools menu. It lists all the extensions that have supported localization files. Pick the extension to localize and click Edit. (A new language can be added by specifying it in the textbox. This simply adds an extra column to the localization spreadsheet and can also be done manually.)
  3. A localization spreadsheet opens. Work on this spreadsheet by adding, removing and changing rows, columns and cells. The only limitations are that the localization data has to stay on Sheet 1 and start at A1. Empty rows and columns must not be present in the table. Note that there is a special line ("!! property file name !!") that stores the name of the associated java property resource bundle. This field can also be modified and is empty for newly added languages.
  4. Click the Save localizations menu item in the Tools menu. Extension Translator will read the localization table and write the localizations back to each of the files specified by the "!! property file name !!" cells. To avoid overwriting a localization file erase its file name from the table before saving the localizations.
  5. Test the new localizations. Localization files are usually only read at startup, so to see the new version a restart is most often necessary. Some localizables (such as the menu item labels in EOEC extensions) are only checked at installation. In this case a reinstallation with a rebuilt OXT may be necessary. Some extensions may not fully recognize new localization files (EOEC extensions for example do not recognize them automatically). In this case it is recommended to test by overwriting the active localization (English for example) for testing purposes.
  6. If everything looks to be in order send either the localization spreadsheet or the saved property file to the developers of the extension for inclusion in the next version.
Extension Translator

Version Operating system Compatibility Release date
1.1 System Independent 3.4 05/06/2009 - 11:00 More information Download
1.0.1 System Independent 3.4 30/01/2009 - 10:53 More information Download
1.0 System Independent 3.4 29/01/2009 - 12:29 More information Download

Comments


Extension Translatorは、OpenOffice.org用エクステンションの翻訳ツールです。

Extension Translatorを使った翻訳手順は下記の通りです。

1. Extension Translatorと翻訳したいエクステンションをインストールします。
エクステンションのインストール後OpenOffice.orgを再起動する必要があります。
Extension Translatorは、翻訳データ DialogStrings_*.properties filesのある全てのエクステンションに対応します。

2. ツール・メニューからExtension Translatorダイアログを開きます。
翻訳データを持つ全てのエクステンションのリストが表示されます。
翻訳するエクステンションを選択し、Edit(編集)ボタンをクリックします。
(テキストボックスに言語属性を入力することで新しい言語を追加できます。
翻訳表に列(カラム)を簡単に付け足せます。同じことを、手動でもできます。)

3. 翻訳表を開きます。
行や列、セルの追加、削除、編集をします。
唯一の制限は、翻訳データは、表1(Sheet1)のA1から始めます。
空白行・列を表上に表示されません。
表には、特別な行("!!プロパティファイル名 !!")には、javaリソースの束が記載されていますので、注意してください。
この場所も編集、新追加言語に空にできます。

4. ツールメニューから翻訳保存をクリックします。
Extension Translatorは、翻訳表を読み込み各プロパティファイル名セル記載のファイルに書き出します。
翻訳ファイルの上書きを避けるため、保存をする前に表からファイル名を削除します。

5. 新しい翻訳を試す。
通常翻訳ファイルは、起動時のみ読み込みます。
そのため新しいものを使用するために大抵は、再起動する必要があります。
一部の翻訳(メニューのEOECエクステンションのラベルなど)はインストールをクリックするだけです。
この場合は、恐らく再構築したOXTを再インストールする必要があります。
一部のエクステンションは、恐らく新しい翻訳ファイルを全て見分けることはできないでしょう。
(サンプルのEOECエクステンションは、児童では見分けることができない。)
この場合は、テストするために、保存されている翻訳書庫の上書きを試すことをお勧めします。

6. 全てが目的の通りであれば保存した翻訳表かプロパティファイルを最新版のエクステンション作者に送ります。

*訳者注
ローカライゼーションを翻訳と訳しています。